子犬 | ブリーダー直販.com

子犬を迎えた日

お引渡し当日は可愛くて抱っこしがちですが、子犬は環境の変化やストレスにより疲れています。安静にしてあげてください。

★家に着いたら★

・移動中の車中は意外と空気が乾燥しています。家に着いたら、飲み水をお皿であげてください。無理に飲ませる必要はありません。
・子犬はトイレとトイレの間隔が短いものですが、移動中落ち着かずトイレを我慢している子も少なくありません。トイレシーツの場所に連れて行きましょう。しばらく様子を見てしないようであれば、子犬が落ち着けるクレートの中やサークルに移して、そっとしてあげて下さい。
・ご飯は家に着いて1?2時間が過ぎ、少し落ち着いた頃にあげましょう。

★子犬との接し方★
子犬を迎え入れると かわいくて、どうしても子犬を構ってしまいたくなると思います。
しかし、子犬は移動の疲れ、環境の変化により どんなに元気な子でもストレスがかかっています。人間と同じようにストレスにより消化器系が弱り下痢、食欲不振などの体調不良を引き起こすこともあります。そのようなストレスを和らげてあげるためにも 2、3日はそっとしておいてあげてください。代わる代わる触ったり、抱っこしてみたり、追い掛け回すことは避けて、ぐっすり寝かせてあげて下さい。
子犬から構ってほしくて じゃれついてきたら、その時は一緒に遊んであげてください。

また、飼い主さんも子犬を観察することは大切ですが、神経質になりすぎてストレスを受けることのないよう“自分達のペースに子犬を合わせる”くらいの気持ちで迎え入れてあげてください。

常に傍にいて子犬と接していると、人間に対する依存心が高まり過ぎて、悪影響を及ぼす事があります。子犬であっても、一人にする時間を作ってあげてください。ずっと一緒にいることが大切なのではなく、一緒にいる時間が充実していることが大切なのです。
家族の一員となり何をするにも“人間と一緒に!”と考えてしまいがちですが、犬であることを忘れずに、犬の習性、本能、特徴を第一に考え接してあげてください。

 

★室温★

子犬の体温は平均約38度です。まだ温度差に対しての抵抗力が弱いので、部屋の温度管理には十分気をつけてください。床付近は温度が低めなことを考慮して、子犬の時期は室内温度を夏は26度前後、冬は24度前後に設定しください。特に季節の変わり目は昼間は暖かくても、明け方などは冷え込むので十分注意してください。
子犬のお迎え時期が10?5月でしたら、ペットヒーターを使用することをお勧めします。留守中などエアコンを使うよりも経済的です。(ただし、低温火傷を防ぐ為ペットヒーターをタオルなどで包んであげたり、子犬がヒーターを避けれるスペースも忘れずに)

★夜鳴き★

新しい環境で不安な上に、兄妹や親犬と離れてしまうので寂しくて、夜鳴きをしてしまうかもしれません。
これは、どうしても避けられないことです。基本的に「無視」が鉄則です。叱ったり、逆に優しい言葉を掛けてあげると逆効果です。数日間は我慢してください。
大抵は時間が経つと鳴きやみます。
詳しい対処法は子犬のしつけをご覧ください。

 

★健康状態★

子犬は慣れない環境で緊張して大人しくなります。
飼い主さんにとっては、ただ単に緊張して大人しいだけなのか、体調不良で元気がないのか判断しにくいものです。
そんな時は、便の状態、食欲の有無で様子を見ましょう。
まず、便の状態が良く、食欲があれば問題ありません。(便は引き取ったその日はしない子もいますが、次の日にはするでしょう)

身体が小さい子は血糖値が低くなる低血糖症になりやすいので、注意が必要です。
環境の変化で食欲がなくなることや、下痢が続いて脱水症状になってしまうことが原因で起こります。
詳しくは子犬の健康をご覧下さい。


トップページ子犬のご購入までのステップ子犬を検索よくある質問生体保証について
お客様の声子犬の受け取り方法会社概要利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ

Copyright (C) 2010 - 2021 ブリーダー直販.com All Rights Reserved.