子犬 | ブリーダー直販.com

ロシアンブルーのお手入れ

長毛種に比べ、ロシアンブルーは、手入れにそれほど時間がかからない楽な猫種です。でも、何もしないのでは、せっかくの猫本来の美しさは半減してしまいます。
毎日簡単なグルーミングをしてあげることができる方は、手入れというより猫とのスキンシップやコミニュケーションを深めることを目的にすればいいかもしれません。
長い時間をかけるのはかえってグルーミングを嫌がる原因にもなりかねませんので、なるべく短い時間で負担にならないよう手早くやってあげることがコツかも知れません。

爪切りは、1週間から10日に1回は切ってあげてください。
根元から先の方へ血管が伸びているのが見えるので切りすぎないよう注意しましょう。
爪が伸びすぎると、折れたり、他の猫とのけんかや運動時に抜けてけがの原因になるので、うまくなだめて切る癖をつけてください。

耳のお手入れは汚れの少ない子で2〜3週間で1回、汚れのたまりやすい体質の子で週1回くらいのペースで。
綿棒にイヤーローションやベビーオイルなどを少量つけて掃除してください。
耳の中はデリケートなのでやさしくお手入れしてあげてください。

抜け毛をとるにはブラッシング、ハンドグルーミングがおすすめ。
ブラッシングの場合は、柔らかな獣毛ブラシやラバーブラシがおすすめ。
ハンドグルーミングはマッサージもかねることができる上ブラシもいらないです。
両手を水やスタイリング剤が入ったスプレーで軽く湿らせ、猫のしっぽの付け根から頭部に向かい、逆毛を立てるように逆なでしていき、次に頭部から尻尾の方に向かって撫でていけば余分な毛が手にたくさんつきます。
それを繰り返せば、ハンドグルーミングになり、嫌がらずにやらせてくれる子も多いです。
また、猫にとって外の世界は、さまざまな危険があふれています。
車との交通事故、野良猫とのけんか、接触などによるウィルス感染など、飼い主の心配は尽きません。
こういった危険から身を守るために、完全室内飼いにしても安全に見える室内にも危険は潜んでいます。

台所は、コンロなどの調理器具で火を使うため猫がうっかりとび乗らないよう注意してください。
オーブントースターやレンジの上なども熱くなるのでやけどに注意してください。

洗濯機や乾燥機のそばは暖かいので猫が好む場所の一つですが、ふたが開いていると中に入ってしまう可能性があるので注意してください。
また、お湯を張った浴槽のふたの上も好きな猫が多いですが、場合によっては二と一緒に猫がお湯の中に落ちておぼれたりするので注意が必要です。

人間が食べる野菜や、室内に置く観葉植物にも猫が口にすると中毒を起こす危険なものがたくさんあります。
危険なものは室内に放置せず、猫の手が届かないようにしましょう。

★危険な食べ物★ 

玉ねぎ、長ネギ、にんにくなどは、中毒を起こす危険な食べ物のため直接はもちろん調理されてはいってる料理などもダメ
きのこ類やゴボウ、アボカド、アスパラガス、梅、ナス、ジャガイモの芽は中毒を起こす恐れがある
植物の種や果物の種は飲み込むと危険です。カニやエビなどの甲殻類や貝類も下痢や吐き気の原因になります。

★危険な植物★ 

アイビー類、朝顔、アゼレア、アジサイ、アマリリス、アイリス、アロエ、アヤメ、おしろいばな、オトナシソウ、カラー、キキョウ、菊、キンポウゲ、クレマチスクロッカス、クリスマスローズ、ケシ、月桂樹、ゴムの木、サクラソウ、サボテン、シクラメン、シダ、ジャスミン、水仙、スイートピー、スズラン、ゼラニウム、たばこ、チューリップ、つつじ、ヒヤシンス、ポインセチア、ポトス、藤、マーガレット、マリーゴールド、ユリ類、ローズマリーなど

 

 


トップページ子犬のご購入までのステップ子犬を検索よくある質問生体保証について
お客様の声子犬の受け取り方法会社概要利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ

Copyright (C) 2010 - 2021 ブリーダー直販.com All Rights Reserved.