子犬 | ブリーダー直販.com

子犬が食糞をしてしまいます。どうしたらいいですか?

子犬の頃、食糞してしまうことはよくあり、成犬になると治ります。
理由はいくつかあり、「食事の量が足りていない」「おもちゃにして遊んでいるうちに食べてしまう」「飼い主さんに注目してもらうため」などさまざまです。また、子犬の頃はフードを上手く消化できずに栄養分を吸収できずにそのまま出してしまうことがあり、その栄養を補うためにまた糞を食べてしまうこともあります。人間にとっては、汚いことですが、動物の世界では珍しいことではありません。しかし、やってほしくないものです。
では、対処法ですが、まず、食糞を見つけたら、子犬に声を掛けず、叱りもせず、目も合わせず、糞をさっと始末してください。ここで、声を掛けたり、飼い主さんが「ヤメテー」などと騒ぐと、食糞をすると構ってもらえると勘違いしてしまいます。糞に苦い味のスプレーを掛ける対処法もありますが、これは排便時に飼い主さんが見ていないとならないので、難しいです。食糞をやめさせるサプリ(糞の味がまずくなるサプリ)を飲ませるのもいいでしょう。食事の量を多くしてみるという方法もありますが、食事の量はあくまでも子犬の体系を見ながら調節して下さい。子犬の食欲のままフードを与えていると、太ってしまいます。
また、おやつは食い付きを良くする為に強い香料を使っていることもあり、そのまま糞に臭いが残ってしまって排泄されるので、糞が美味しそうな臭いを発してしまい、食べてしまうこともあります。おやつを控えてみましょう。子犬の時期はフードだけで十分栄養が補えます。オヤツはあげない方がいいでしょう。


トップページ子犬のご購入までのステップ子犬を検索よくある質問生体保証について
お客様の声子犬の受け取り方法会社概要利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ

Copyright (C) 2010 - 2021 ブリーダー直販.com All Rights Reserved.