子犬 | ブリーダー直販.com

ポメラニアンに多い病気

★白内障★

白内障になると歩き方がヨロヨロしたり、よくものにぶつかったりします。
眼球のなかの水晶体は白濁して光が眼底まで届かなくなり、視力が衰えて、時には失明することもあります。
軽症の場合は点眼液で悪化を防ぐことが出来ますが、重度の場合は手術が必要です。
先天性なものから老化や病気で併発する場合もあります。

★流涙症(涙やけ)★

流涙症は涙が目から絶えず出てきて目の周りの毛を茶色に変色してしまいます。
目と鼻をつないでいる涙小管が狭い場合や詰まっていたりすると涙が多く出てきます。
その涙が目のまわりの毛を変色させたり、流れる目やにが鼻の横に湿疹を作らせる原因となります。
基本的に点眼液で治療しますが、重度の場合は涙小管に管を入れて涙の通りをよくする方法もあります。

★皮膚病★

寄生虫や、真菌、アレルギー、ホルモンの異常など皮膚病になる原因はいろいろあります。
皮膚病になると、湿疹が出来て痒がったり、フケが出たり、脱毛するなどいろいろな組み合わせで発症します。
まずは何が原因で皮膚病になってしまったかを獣医にて検査してもらい、特定してからそれにあった治療をしてください。
病気の早期発見のためにも毎日のブラッシングと合わせて皮膚のチェックも忘れずにしましょう。

★膝蓋骨脱臼(パテラ)★

全犬種の中でもポメラニアンが一番多い病気です。
滑るところでの激しい運動や高いところからのジャンプの繰り返しは膝に負担をかけ、脱臼させる原因となります。
膝蓋骨脱臼は膝のお皿の部分の骨が正常な位置からずれてしまい、片足を浮かせて歩いたり、引きずったりします。悪化すると歩けなくなり、手術が必要です。
ポメラニアンにかぎらず、滑るところで犬を飼育するのはあまりよくありません。
床がフローリングの場合は子犬を迎える前に滑りとめのワックスを塗ったり、クッションフロアなどを敷くなどの対策をしてください。

★気管虚脱★

興奮時や運動をしているときにのどがなるような咳をする症状が気管虚脱です。
先天的に気管軟骨が未熟だったり、後天的にも気管支に病気が起こると気管内の圧力や変化によって呼吸困難になります。
重度の場合は気管支がつぶれてしまい、呼吸が出来なくなってしまい、死亡することもあります。
治療方法としては気管の周囲にリングを入れて気管を確保する手術をします。
興奮をさせないこと、肥満にさせないことが予防方法です。


トップページ子犬のご購入までのステップ子犬を検索よくある質問生体保証について
お客様の声子犬の受け取り方法会社概要利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ

Copyright (C) 2010 - 2021 ブリーダー直販.com All Rights Reserved.