子犬 | ブリーダー直販.com

ポメラニアンのお手入れ

 

★ブラッシング★

ポメラニアンは綿毛のようなフワフワとした被毛が魅力的です。
その美しさを十分に引き出すのには毎日のブラッシングが欠かせません。
ポメラニアンは開立毛ですので、ピンブラシを使用し、体全体を毛の流れと逆に頭部に向けて逆毛を立てるようにとかします。
ピンブラシのあとに粗目のコームを使い、アンダーコート(下地)をほぐしていきます。
ポメラニアンの場合、耳の後ろやお尻の飾り毛はもつれや毛玉が出来やすいので、気をつけましょう。

★シャンプー、リンス★

ポメラニアンのシャンプーは被毛が特に汚れていない限り、月に1回くらいの目安で行ってください。
ただし、毛がたくさん抜ける換毛期と脂が出やすい夏場は月2〜3回が良いでしょう。
シャンプーのしすぎはかえって皮膚や被毛を痛めてしまうので、気を付けてください。
シャンプーをする前に必ずブラッシングをして毛玉などを取っておいてください。
ドライヤーはタオルドライで十分に水分を取ってから、なるべく短時間で済ませるようにしましょう。

★耳のケア★

ポメラニアンは立ち耳ですので、垂れている犬種よりは耳の病気になりにくいです。
ピンとたった小さな耳はポメラニアンにとって何よりのチャーミングポイントですので、耳の中が汚れないようにこまめにチェックしてください。
耳の中はとてもデリケートで傷つきやすいので、強くこすると逆に炎症を起こし外耳炎になってしまいます。
軽く押し付けるような感じで汚れをふき取ってあげましょう。
基本的にカンシや綿棒を使用して耳掃除をしますが、自身ない場合はノルバサンオチックなどの洗浄液を注入し、犬に耳を振らせコットンなどで汚れをふき取る方法が良いでしょう。

★目のケア★

いつも澄んで輝く目はポメラニアンのチャームポイントの一つです。
目やにが出たら、コットンなどに水を含ませて優しく拭き取ってあげましょう。
涙やけの多い犬種ではありませんが、涙が出やすい犬にはこまめに目の周りを拭いてあげてください。
逆さまつ毛や涙管のつまりが原因で涙やけを起こしていることがありますので、気になってきたら獣医に診てもらっください。

★爪切り★

ポメラニアンなどの室内犬は爪が伸びやすいので、定期的にカットしてあげましょう。
犬の爪は内側に巻くように伸びますので、伸びると滑りやすくなり、足裏の肉球も傷つけることもあります。
ポメラニアンの爪の色は黒いので、血管の先端が分かりにくいです。深爪しないように気をつけましょう。
血管を切らないためには爪の根元からの延長直線が曲がり始める手前(爪が曲がる直前)でカットをすると良いです。
もし、出血してしまった場合はクイックストップなどの止血剤を使用してください。

★歯のケア★

習慣的な歯磨きが白く輝く丈夫な歯を作ります。
歯磨きをしないでいると、どんどん歯石が付着して歯槽膿漏病や歯周病になってしまいます。
そのようにならないためにも子犬のうちに歯磨きをする習慣をつけましょう。
最初は歯磨き用ガーゼを使用して、歯磨きを慣らせていき、後々は犬用のブラシを使うと良いでしょう。
人間用のブラシは歯茎を傷つけることがあるので、子供用でも使用するのは控えてください。


トップページ子犬のご購入までのステップ子犬を検索よくある質問生体保証について
お客様の声子犬の受け取り方法会社概要利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ

Copyright (C) 2010 - 2021 ブリーダー直販.com All Rights Reserved.