子犬 | ブリーダー直販.com

コーギーのお手入れ

 

★ブラッシング・コーミング★

コーギーは毛が絡んで毛玉を作ることはありませんが、手足が長く硬い被毛なので、毎日のお手入れに気を使わなければいけません。
お手入れは他の犬種と比べると楽な方ですが、ブラシはピンブラシとコームが必要です。
普段はピンブラシで全身を軽くとかし、そのあとにコームを通して整えます。
コーギーには春と秋に換毛期が年2回あります。
この時期は毛がたくさん抜けますので、出来れば朝晩1日2回はブラッシングをしてあげましょう。
換毛期には抜け毛をたくさん取るためにスリッカーブラシの使用をおすすめします。
ブラッシングは単に、毛をとかしたり、抜いたりするだけではなく、血行を良くするマッサージ効果や皮膚のチェックをする良い機会でもあります。
ブラッシングをしながら、皮膚の異常や体に怪我などないか見ておきましょう。
コーギーは脚が短い犬種なので、お散歩に行くとどうしてもお腹が汚れやすいです。
散歩以後はお腹にほこりやゴミなど付いていないかチェックして、しっかりブラッシングして」あげると良いです。
又、コーギーのお尻は毛が密集しているので、こまめにとかしてあげましょう。

★シャンプー、リンス

コーギーはとても活発で運動好きですので、それなりに体が汚れてしまいます。
少しの汚れでしたら、ボディケアスプレーなどで済ませても大丈夫ですが、皮膚病や体臭を防ぐために月に1〜2回シャンプーをしてあげましょう。
体調の良い時にシャンプーしてあげて、冬場の寒い時期はなるべく暖かい昼間に行うようにしましょう。
シャンプーをする前は必ずブラッシングとコーミングを済ませておいてください。
シャワーはぬるま湯にして頭から離れたところからかけてあげて、目、耳には水が入らないように注意しましょう。
顔が濡れたり、シャンプーがつくと嫌がる子がいますので、頭、顔は最後に洗ってあげると良いでしょう。
シャンプーはすすぎ残しがないようにして、そのあとはリンス(コンディショナー)をしてあげてください。
リンスは美しい艶のある被毛を保つができ、フケの発生も防げます。
最後に肛門絞りも合わせて行ってください。

★目のケア

コーギーの大きな瞳はチャームポイントの1つです。
その瞳に目ヤニや汚れが付いてしまっては魅力が半減します。
風の強い日は目ヤニ特に付きやすいので、気にしてみてあげてください。
もし、黄色や茶色の膿んだ目やにが付いている場合は体に異常があるかもしれませんので、早めに獣医に相談してください。

★爪切り

コーギーのような犬種の爪は散歩や運動で自然に削れてしまうので、毎日ケアする必要はありませんが、足の裏は異常がないかはチェックしてください。
爪切りは犬用のギロチンタイプのものが使いやすいです。
親指の爪はあまり地面に触れないため、削られることがなく伸びてしまうことがありますので、きちんとカットしてあげてください。
爪を切る場合は血管を切らないように少しずつ切るようにして、深爪してしまった場合のために止血剤は準備しておくと良いでしょう。
飼い主自身で爪を切ってあげるのが一番良いのですが、心配でしたら、慣れるまで獣医やトリミングサロンに頼んでください。

★歯磨き

犬はあまり虫歯にはなりませんが、歯周病になりやすいです。
犬にとって丈夫な歯を保つことは健康面で不可欠なことです。
毎日とは言いませんが、週に2〜3回ぐらいは歯磨きをしてあげましょう。
最初は飼い主の指に歯磨き用のガーゼを巻いて歯を磨いたり、歯茎を優しくマッサージをしてあげます。
慣れてきたら、犬用の歯ブラシを使ってあげると効果的です。
継続的に歯磨きをして、きれいな健康的な歯を保ってあげましょう。

★耳のケア★

大きな立ち耳はコーギーのもう1つのチャームポイントでもあります。
立ち耳は通気性が良く、あまり耳垢がたまることはないので、耳掃除は月に1〜2回ぐらいで十分です。
でも、知らない間に耳ダニなどが付着する場合がありますので、耳の中は毎日チェックしてあげましょう。
耳が汚れてきたら、イヤーローションをコットンなどに浸して、やさしく拭いてあげてください。
綿棒を使う場合は、耳の中の皮膚を傷付けないように注意してください。
傷がつくと外耳炎になってしまう場合がありますので、心配な方はノルバサンオチックなどの洗浄剤を直接耳の中に注入し、犬に耳を振らせ、コットンなどで軽く拭いてあげると良いです。


トップページ子犬のご購入までのステップ子犬を検索よくある質問生体保証について
お客様の声子犬の受け取り方法会社概要利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ

Copyright (C) 2010 - 2021 ブリーダー直販.com All Rights Reserved.