子犬 | ブリーダー直販.com

チワワの選び方

チワワの子犬と出会うにはペットショップやブリーダーから購入するのが一般的ですが一般家庭からの譲渡といった方法もあります。
信頼できる入手先かどうかは自分の目で確認する必要です。
どこから迎えるのがいいかは人それぞれなのでメリット・デメリットを検討したうえで、実際の入手先の飼育環境、健康状態、わかるなら母犬の状態もチェックしましょう。

動物取扱業の登録を受けている、飼育環境が清潔である、購入時や購入後飼育時のアドバイスをしてくれる知識を持ったスタッフがいる、生後56日以下の子犬を販売していないなど信頼できる購入先か見極めるポイントがあります。

ブリーダーは犬の繁殖家のことなので育った環境や母犬、兄弟犬を見せてもらえることが多く、目当ての子の性格を知る目安になります。
母犬や兄弟犬と過ごす時間が長いのでコミニュケーション力が高いこが多く、社会化トレーニングがしやすいが購入後お迎えまで時間が必要な場合もあります。

ペットショップは、いろいろな種類の子犬を気軽にみることができ、グッズを一緒に買い揃えるなことができるなどのメリットがあります。
ペットサロンやペットホテル、動物病院併設しているところなら子犬を購入した後も安心でしょう。

子犬には健康状態、性格、容姿などで個体差があるため自分のライフスタイルも顧みてお気に入りの子を探してみましょう。
 

性別による飼いやすさの違い
例えば雄の場合は、足をあげておしっこしたり、縄張り意識が強い子が多いのでマーキングをすることが多いですがしつけをきちんとしたり、若いうちに去勢することで抑えることができます。
雌の場合は、年に2回くらい妊娠するのに必要なヒートが来るようになり、陰部からの出血が見られます。
ヒートは2週間くらい続き、出血で部屋が汚れることもあるので、出血中はパンツをはかせて部屋が汚れるのを予防するか子供を産ませる気がないなら避妊手術をしてヒートを止める方法もあります。

チワワは光沢のある短毛のスムースタイプと柔らかい長毛のロングタイプがいます。毛色はレッドやブラック&タンですが、最近はカラーバリエーションが豊富になり、クリーム、レッド&ホワイト、ホワイト&ブラックや地色に他の色の差し毛があるブリンドルなど様々な毛色が見られます。

また、チワワの子犬を選ぶときは、小型犬は特有の遺伝的疾患を持っていることがあります。チワワでは、膝や股関節の異常、頭頂部が閉じていないことがよくあるので、慎重に選ぶことが大切です。
また、栄養状態がよく、骨格がしっかりしていて痩せすぎていない子を選びましょう。

性格による違い
めやすですが子犬に声をかけて性格を見極め瑠方法もあります。
犬に向かって声をかけて走って近寄ってくる子は好奇心旺盛。
少し遅れて到着したらおっとりやさん、吠えたりうずくまって動かない子は臆病で人が苦手かもしれませんので他の人への反応も見てみましょう。

性格はいっしょに暮らすうちに変化することがあるので神経質になりすぎないようにしてください。

 

★健康な子犬を選ぶチェックポイント
<目> いきいきと澄んでいて、アイラインがくっきりして、瞳の色が濃い

<鼻> 鼻の色が濃く、冷たくて適度に湿っている、鼻水は出ていないほうがいいでしょう

<口> 歯のかみ合わせがよく、口臭がない。口腔内や歯茎はきれいなピンク色がよい

<四肢> 骨格がしっかりしていて安定している。後ろ足がO脚やX脚ではない

<耳> 耳の中がきれいで異臭や悪臭がない。呼びかけや音に敏感

<被毛> 毛並みや艶がよい。被毛をかき分けて皮膚にも湿疹や皮膚病がないかも確認

<しっぽ> よく動くのは元気な証拠 背側に持ち上がり、長めでふしがない

<肛門> 締りがよく、周りに汚れがない

 

 

 


トップページ子犬のご購入までのステップ子犬を検索よくある質問生体保証について
お客様の声子犬の受け取り方法会社概要利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ

Copyright (C) 2010 - 2021 ブリーダー直販.com All Rights Reserved.