子犬 | ブリーダー直販.com

アメリカンショートヘアに多い病気

糖尿病
 症状
最も特徴的症状は多飲、多尿があります。
飲む水を制限すると脱水症状を起こすこともある
膀胱炎、外耳道炎などの感染症にかかりやすくなる
 原因
膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの機能が低下しているか、作用が障害して引きおこる病気である
遺伝的に高血糖を示しやすい猫に、肥満、ストレス、感染症などの血糖値を上昇させる事柄がかかわると糖尿病が発症する
 治療
食事療法とインスリン治療がある。
食事療法は、食事の1回の量を減らし、回数を多くあげる方法がある
インスリン治療は、人間と違い、生涯インスリン治療が必要な猫は2割程度です。
 予防
ストレスにならないような生活を心がけ、肥満にならないよう運動できる環境を作り運動させたり、膀胱炎などの感染症になったら早急に治療しましょう

肥大型心筋症
 症状
呼吸がはやくなり、運動を嫌がりじっとしている
血栓の影響で後ろ足が立たなくなることもある
最悪の場合、突然呼吸困難を起こし、死に至るケースもある
 原因
原因または関連の不明な心筋の疾患
心臓の内腔に向かって、心筋が厚くなり、左心室が狭くなる、しっかりと拡張できなかったり、左心室からの血液の流出障害が起こる
心臓内や血管内で血栓を形成しやすく、血栓症を引き起こすこともある
 治療
心不全が見られた場合は、獣医師処方で強心利尿処置が必要

急性腎不全
 症状
体にとって有害な物質が排泄できなく、水分やミネラルの調節ができなくなり全身的にさまざまな障害が起こる
突然元気や食欲がなくなり、おしっこが出なくなったり、嘔吐する
ひどい場合は痙攣、体温の低下、昏睡など重度の尿毒症が現れ、命に関わる場合もあります
 原因
脱水、心臓病、出血、投薬、中毒が原因で腎臓に送られる血液量が減って起こる
 治療
発症後速やかに集中治療を行えば回復する可能性は高まります。
原因によって治療法は異なることもあるが、基本的には利尿剤や点滴、透析治療を行い脱水と電解物質のバランスの改善とともに、尿毒症物質の排泄を行う。
手術が必要になる場合もある
 予防 ワクチン接種や食事を含めた健康管理(人間用に味付けされた食事をあげない)、拾い食いをして中毒にならないように気を付ける

脂漏性皮膚炎
 症状
皮膚がべとつく、かさついてフケが目立つ、臭う脂の塊が出る
  原因
 栄養失調など好ましくない生活環境が考えられているが正確な原因は解明されていない
 アレルギー、細菌感染でもなる
 治療 
細菌感染が原因の場合抗生物質を投与する
脂性の場合は動物性脂肪、コーンオイルを与えて過剰な脂質の分泌を抑える
皮膚の状態が乾燥してる場合はビタミンAを与えたり、亜鉛製剤を与えて治療をしていくこと
 予防
アレルギーや寄生虫に感染しないように室内で飼うことの徹底
 


トップページ子犬のご購入までのステップ子犬を検索よくある質問生体保証について
お客様の声子犬の受け取り方法会社概要利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ

Copyright (C) 2010 - 2021 ブリーダー直販.com All Rights Reserved.