ブリーダー&ペットショップ | 子犬販売 - 子犬の選び方

   子犬の選び方
 

子犬選びは、これからワンちゃんと長い間暮らしていく上で、重要なポイントです。
あなたは、子犬を選ぶことは出来ますが、子犬はあなたを選ぶことはできません。
お互いが幸せな生活を送れますよう、以下のステップを踏んで選んでいきましょう。
 

★子犬選びのステップ★

流行に惑わされたり、衝動買いをしない。
よく、家族と話し合い、将来の自分の暮らし方を考える。

・犬を飼うことができる家(環境)に住んでいる?
  ペット禁止のマンションでは飼い主さんも犬も苦労します。
・家族の仕事の都合などで引越しをして、犬を飼うことができなくなることはない?


●これから飼うワンちゃんの犬種について、いろいろ調べよう!

・成犬時の大きさは?
・毛質や毛色はどうなっているの?
・性格は?
  など・・・

●ちゃんと世話が出来るか?家族で話し合いましょう!

・誰が食事の世話やお散歩をするのか?
・毎日、犬とスキンシップをとる時間があるか?
(ずっと傍にいてあげる必要はありませんが1日1回はゆっくりと遊んであげる時間が必要です)

●子犬を飼うのに、費用はどれくらいかかるのか?

・子犬を飼う前に最低限準備する用具(サークルやトイレなど)→約\15,000〜
・食費→約\2,000〜(犬種の大きさによって変わる)
・生活用品(トイレシーツ、おもちゃ、首輪など)→約\3,000〜
・トリミング代→約\5,000〜
・ノミ、ダニ駆除→約\1000〜
・その他、狂犬病の予防接種(年1回、\3,000)、混合ワクチン(年1回、\10,000弱)、
フィラリア予防薬(4〜11月の間、月1回、毎月\1,000)、去勢/避妊手術(\20,000〜\50,000)
急な怪我や病気の時の医療費、ペットホテル利用料金、などが発生します。
約15年間共に生活すると考えると生涯、犬に掛かる費用は
小型犬約120万円〜、中型犬約160万円〜、大型犬約230万円〜とも言われています。


●何を決め手に子犬を飼うのかを家族で相談しましょう!

・何を一番重視して決める?性格?顔?
・とにかく かわいければいい?
・男の子?女の子?
・毛の色は何色?
・予算は?
・性格はどんな子がいい?
・ご家族の構成は?生活リズムは?

●どこで子犬を購入するか決めよう!
ペットショップで購入する?ブリーダーから直接購入する?

 

『ペットショップで購入する』
<メリット>  

・お店に行けば気軽にいろいろな種類の犬を見れて比較できる。

・ショップの方で既にしつけを行っている場合もある。

・補償やアフターフォローなど期待できる。


<デメリット> 

・幼少期から母犬と離され、ショーケースに1頭ずつ入れられていると他の犬との接し方がわからない犬になるだけでなく、不特定多数の人に見られることによって、子犬にストレスがかかってしまう。

 ・ペットショップ量販店や大量の子犬を販売しているところは、仕入れルートによりますが、伝染病にかかる確率が多くなる。
  (ショップによっては、直接ブリーダーから譲り受けたり、 社会性を勉強させている所もあります)

 

『ブリーダーから直接購入する』
<メリット> 

・母犬を見ることができる
・どんな所で育ったのか環境を確認できる。
・引渡し直前まで母犬や兄弟犬と一緒にいるので、子犬は社会性を身につけることができる。

・ブリーダーから専門的なことを教えてもらうことができる。


<デメリット>

・ブリーダー宅が遠方の場合、見学に交通費と時間がかかる。

・事前に見学予約が必要。

・ブリーダーは個人繁殖家が多いので、生体保証やアフターフォローなどのサービス面ではペットショップより劣る場合が多い。

 

以上の事を考えると、『ブリーダーから直接ご購入すること』をお勧めいたします!

子犬を見学して、信頼できるところから譲ってもらおう!
遠くてブリーダー宅へ出向くことが困難な場合を除いては、見学しましょう!
良く犬を見ることはもちろんの事、下記の点も確認しましょう!
・適正価格か?(安すぎる場合は何かがあると思うべき)
・ブリーダーは犬に愛情を持っているか?
・万一の時の補償は大丈夫か?
・伝染病予防のワクチン、健康診断(身体検査)は済んでいるか?
(1回目のワクチンはブリーダーのところで、接種してもらうと安心です)
・子犬受取り日はいつになるのか?
・JKC発行の血統証明書はついているか?

★子犬の健康★

とにかく、子犬は健康であることが第一です。
では、実際、見学時に子犬のどこをチェックしたらいいのでしょう?

●目について
・目ヤニや涙が多量に出ていないか?
・目が澄んでいて輝いているか?
目ヤニや涙は目の端に少し付いている程度であれば問題ありません。また、目に異常がある場合の他に、病気だったり元気がないと目がうつろになっています。
鼻 ・鼻水が出ていたり、鼻の頭がカサカサではないか?
一時的な鼻水なら問題ありませんが、長時間続くようならアレルギーやウイルス感染の可能性があります。

●口について
・口が臭くないか?
・噛み合わせは良いか?(犬種によって噛み合わせが異なります)
口臭は成犬の場合、歯周病や口の病気の可能性が大きいのですが、内臓に疾患がある場合も口臭があります。
また、噛み合わせは子犬の頃正常でなくても乳歯が抜け替わる時に正常になることもあります。どの程度の噛み合わせのズレなのかをチェック!

●耳について
・耳の中が汚れていないか?
・耳の中が臭くないか?
耳の中が臭く、汚れている時は外耳炎や真菌感染が考えられます。
耳掃除をしていないとなることが多いです。
治療して治りますが、慢性化し治療が長引くことがあるので、引き取る前に確認を!

●体毛
・毛のつや ・艶があって抜け毛がないか?

●皮膚
・皮膚にかさぶたや湿疹などがないか?

●肛門
・きれいで、ただれたり、腫れたりしていないか?
肛門を不潔のままにしていたり、下痢が続いていると肛門周りが汚れています。

●脚
・歩き方がぎこちなくないか?
スキップしたり、モンローウォーク(腰を振って歩く)をしていないか?
・脚の関節を触ると痛がらないか?
小型犬は膝蓋骨脱臼、大型犬は股関節形成不全になる可能性があります。

●体格&尻尾
・スタンダードな体格か?
極端に足が長かったり、短いことはないか?
(遺伝的なもので、身体的な欠点ではありません)
・痩せていないか?
全体を見て ・コロコロしていて、ずっしり感があるか?
実際に抱っこしてみて重量感があれば◎です。毛がモコモコしている犬種は見ただけではわかりにくいので肋骨の部分を触ってみましょう!
肋骨がゴツゴツしていても痩せすぎですし、触っても肋骨がわからなければ太りすぎです。
最近、小振りサイズの子が人気なので、意図的にご飯を少なくして体重を減らしているブリーダーもいるので要注意!
・尾が立っていて、フリフリよく動くか?
見学が始まって間もない時間だと子犬は緊張して尻尾を下げている場合があります。見学時間が経ってから様子をみましょう!
また、慣れているブリーダー、ショップの店員に向っている時は尻尾を振っていることがあるので、その時もチェックの瞬間です。

●性格
・離れたところから手をたたいて呼んだら、近づいてくるか?
・抱き上げてみておとなしいか?
やはり、最初の頃は動かない子もいますが、かならずしも臆病なわけではなく緊張している可能性があります。
ブリーダー、ショップの店員と話などをしてしばらくして慣れた頃、もう一度反応を見てみましょう!
ブリーダー、ショップの店員に寄って行く姿を見てみてもいいでしょう。
また、子犬は高い所が苦手なので、抱き上げる時は座るなどして、できるだけ低い位置で抱っこしてあげましょう!

★見学する時のお願い★

ブリーダー及びショップにて大事に大事に育ててきた子犬です。見学時はマナーを守ってください。

●見学時間を守ってください。
同じ日に別の見学のお客様の対応をすることがあります。時間が予定よりも早まる場合、遅れてしまう場合は一度ご連絡をお願いします。

●見学の掛け持ちはご遠慮下さい。
衛生上の理由により、ご見学当日は、見学前にペットショップや他の犬舎へ立ち寄らないで下さい。

●もし、多頭飼いをお考えで先住犬を連れて行き、相性をみたい場合は、見学前に一度ブリーダーにご確認下さい。
お断りする場合もありますが、その時はご了承下さい。子犬のことを考えると成犬との接触は極力避けたいものです。正直、見学時間だけで、環境が違う所でお見合いをさせても 相性を判断するのは難しいでしょう。

●見学時、子犬を抱っこする場合は、ブリーダー、ショップ店員に了解を得てから抱っこしてください。
抱っこの仕方を教えてくれます。
腕を持って抱っこしようとすると危険です。胴を優しく持ちあげて、また子犬は高い所が苦手なので、なるべく座るなどして低い姿勢で抱っこしてあげましょう!

●子犬と接する時は、子犬の目線の高さで接してあげて下さい。
人間の大きな手が子犬の真正面から頭の上に近づいてくると恐いものです。
なるべく、子犬の目線の下側、子犬の横側から手を近づけてあげましょう!
また、サークルに入っている子犬を見る時も、上から覗かれては恐いものです。なるべく腰をおろして見てあげて下さい。

●ご購入意思の無い方の見学はお断りいたします。
時々、動物園に行く代わりに犬舎を見学されているような家族連れがいらっしゃいます。
子犬を無闇に人に見せることはストレスにもなり、またウイルス感染の確率も高くなります。
写真と詳細をご覧になって、ある程度、ほしい色や性別を決めて購入意思が固まってから見学して下さい。

ブリーダーの子犬・子猫新着情報
【2017年8月18日】

事務局からのお知らせ・・・2017年8月21日〜24日まで夏季休業させて頂きます。休業期間中に頂いたお問い合わせのメールは8月25日以降に対応させて頂きますので、ご了承ください。尚、子犬のお問い合わせは24時間受け付けておりますので、休業中もご利用頂けます。


【2017年6月12日】

臨時休業のお知らせ・・・勝手ながら、2017年6月15日(木)は休業させて頂きます。

そのため定休日6月14日(水)〜15日(木)まで休業日となります。

尚、ブリーダー&ショップへの子犬のお問い合わせは「各子犬のお問い合わせフォーム」より24時間受け付けております。

ご不便をお掛け致しますが、何卒ご了承の程宜しくお願い致します。

 


【2017年2月18日】

サーバー移転のお知らせ・・・2017年2月20日〜21日の間、サーバー移転に伴い、サイト内ページの不表示やメールによるお問い合わせが一時不通になる事があります。ご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い致します。


【2016年8月10日】

夏季休業日のお知らせ・・・2016年8月22日〜25日まで休業させて頂きます。

休業中に頂いた事務局へのお問い合わせは26日以降に対応させて頂きますので、ご了承ください。

尚、ブリーダー&ショップへの子犬のお問い合わせは「各子犬のお問い合わせフォーム」より24時間受け付けております。


【2016年1月1日】

年始休業日のお知らせ・・・2016年1月1日〜7日まで休業させて頂きます。

ブリーダー及びショップへの子犬のお問い合わせは「各子犬のお問い合わせフォーム」より年中無休24時間受け付けております。 


【2015年7月30日】

夏季休業日のお知らせ・・・2015年8月23日〜27日までの5日間休業させて頂きます。

ブリーダー及びペットショップへの子犬のお問い合わせは「各子犬のお問い合わせフォーム」より年中無休24時間受け付けております。 


【2015年7月30日】

「シーズー」と「ハーフ&ミックス犬」の専門サイトが新たに加わりました。

●シーズー子犬販売ドットネット

http://shih-tzu.breeders-direct.com/

●ハーフ&ミックス犬子犬販売ドットネット

http://half-mix.breeders-direct.com/


【2015年6月26日】

2015年7月よりサイト名の変更とし、「犬猫ブリーダー直販.NET」から子犬専門の「子犬販売ドットネット」に変わります。

 

 


【2015年2月15日】

臨時休業のお知らせ・・・2015年2月24日〜25日までの2日間休業させて頂きます。

尚、「子犬・子猫のお問い合わせフォーム」からのメールは休業中も受け付けております。 

ご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願いします。


【2014年12月18日】

2014年12月19日より事務局の連絡先が変わります。内容は以下の通りです。

お問い合わせ先:有限会社ドッグワークス

TEL:04-7199-7437 FAX:04-7199-7438

 

優良ブリーダー募集

子犬の優良ブリーダー様(動物取扱業)を募集してます。当サイトにて子犬の出産情報を掲載してみませんか?
まずはこちらのフォームよりお問い合わせ下さい

QRコード

子犬販売ドットネットは ジオトラスト社の世界標準128ビットの強固な暗号化でプライバシーを保護しております。



トップページ 子犬のご購入までのステップ 子犬を検索 よくある質問生体保証について
お客様の声子犬の受け取り方法会社概要利用規約プライバシーポリシー相互リンクお問い合わせ

Copyright (C) 2015 子犬販売ドットネット All Rights Reserved.